So-net無料ブログ作成

陰日向に咲く~劇団ひとり~ [books]

陰日向に咲く

陰日向に咲く

  • 作者: 劇団ひとり
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本

Rちんのお薦めで借りました~

he~この人小説も書くのねぇ。

わたしの中で劇団ひとりの株がちょっとupしました

たぶん、自分では買わないと思うからこの本に出会えたことに感謝

落ちこぼれたち5人のお話なんだけど、

みんな微妙にどこかで繋がってて、おもしろかった

ちょっとえぐい部分もあったけど・・・。

誰がどこで繋がってるか、何回も読み直しちゃった(^O^)/


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

のだめに夢中(*>ω<*) [books]

のだめカンタービレ (16)

のだめカンタービレ (16)

  • 作者: 二ノ宮 知子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/10/13
  • メディア: コミック

su~and ティに借りた

 

「のだめ カンタービレ」

 

なんじゃ?のだめって・・・【゚Д゚】ハァ?!

と思ったそこのあ☆な☆た

読んでくださーい゚.+:。ヾ(o・ω・)ノ゚.+:

電車の中で読むのはちょっと危険よ・・・。

笑いをこらえるのが大変だから(≧ω≦。)プププ

ただ面白いだけじゃない!

音楽のこと、ドイツ語やフランス語のおべんきょにもなっちゃうのだぁ★゜・。。・゜゜・。。

月9でもやってるけど、ぜったいコミックの方がおもしろいよ~☆★

 

早く続きが読みたいな~(*`▽´*)ウヒョヒョ

のだめカフェっていうのにもぜひぜひ行ってみたい(★´ノ∀`)

のだめ占いだって!!!

http://u-maker.com/61306.html

 

わたくしは・・・

 

★あめりん★さんはシュトレーゼマン です!

「シュトレーゼマン」なあなたは指揮者。
 サービス精神が旺盛。人当たりが良く、話題と笑顔が絶えないので、あなたの周囲にはいつも人が集まっていることでショウ。しかし実際は人見知りをする性格で、初めて行く場所や初めて接する人の前では、かなりドキドキしているようデス。それをカバーするために、トークの才能が花開いたのかもしれません。とは言え、人見知りは場数を踏むことによって、少しずつ解消されていきますからご心配なく。
 ただ自分の欲求に正直すぎて、セクハラ、逆セクハラで迷惑をかけることも。合コン、クラブの達人デス。
 一言:にんじんとしいたけは栄養満点
★あめりん★さんに秘められた超能力は、ラリホーです!

 

エロジジイかよ~


nice!(1)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

トキオ [books]

時生

時生

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/08/12
  • メディア: 文庫

↑文庫本

トキオ

トキオ

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/07
  • メディア: 単行本

↑単行本

不治の病を患う息子に最期のときが訪れつつあるとき、

宮本拓実は妻に、二十年以上前に出会った少年との想い出を語りはじめる。

どうしようもない若者だった拓実は、

「トキオ」と名乗る少年と共に、謎を残して消えた恋人・千鶴の行方を追った―。

過去、現在、未来が交錯するベストセラー作家の集大成作品。

 ゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜

こういう、タイムトリップみたいなお話好きだな~。

最後30ページくらいは鳥肌のたちっぱなしだったよ・・・ΣΣ(゚д゚lll)

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

容疑者Xの献身 [books]

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2005/08/25
  • メディア: 単行本
 
愛する人が人を殺してしまった・・・。
その人をかばうために、他の人を殺しアリバイを作る・・・。
そんなことできないな~。
でも最後まで読むと、あぁ・・・ちょっと感動してしまった。
 
なんか、最近こんなような本ばっかり読んでるせいか、
今日人を殺す夢をみちゃったぁ
 

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

手紙 [books]

手紙

手紙

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 文庫

わたくしの東野圭吾様ブームは去りません・・・

 

お兄さんは強盗殺人の罪で服役中。

弟の学費が欲しいがために盗みに入るんだけど、

見つかって強盗殺人しちゃうの!

その弟のその後のお話。

進学、恋愛、就職と、幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が待ってる切ないお話。

11月に映画が上映されるね

弟役は山田孝之くん

観に行こうかな~

映画「手紙」の公式HPだよ↓

予告も観れるよん

http://www.tegami-movie.jp/

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

殺人の門 [books]

殺人の門

殺人の門

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫
いっきに読んじゃったよ~ 気になって気になってエスカレータでも読んじゃった・・・。 でも怖かった こういうことが世の中にもあるんじゃないかって・・・。 殺人のことじゃなくて、いろんなインチキ組織のことね。 今日は何ヶ月も楽しみにしてた「電撃チョモランマ隊」のライブ またしても仕事で行けなくなっちゃったよ・・・ ざーんねーん
nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

アボカドバンザイ! [books]

アボカドバンザイ!―アボカドをもっとおいしく、楽しく味わう本

アボカドバンザイ!―アボカドをもっとおいしく、楽しく味わう本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 地球丸
  • 発売日: 2006/03
  • メディア: 単行本


わたしが初めてamazonで購入した本がこれです
どうしても欲しくていろんな本屋さん回ったんだけど、
どこに行ってもなくて、
amazonで調べてみたらあったのぉぉ

アボカド大好き
おうちには常にないと落ち着きません
アボカドがなくなったら死んじゃうかもしれないくらい好き

この本にはアボカド料理がたぁくさん載っています
それにアボカドのむき方、育て方なんかも載ってるの
気になるのがこれ・・・

メープルシロップとレモン汁で・・・。
まだ勇気が出ないけど食べてみたい

最近作ったアボカド料理~
 
左:アボカドと長いもとおくらをおしょうゆで和えてみました
右:アボカドとレタスとピーマンとプチトマトときくらげのサラダ

ん~やっぱりアボカドってLOVE


nice!(1)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ミッキーマウスの憂鬱 [books]

なになにこの本
ミッキーに憂鬱なんてないやい\(◎o◎)/!
って思いつつも見つけたとたん手にとってしまいました・・・。
なんか、ドキドキする本だったよ
でも、最後には自分もシャキンとしたよ

こんな本、世の中に出回ってもいいのだろうか・・・。

気になる人は貸してあげるよ(^o^)丿

しかし、今日は電車が止まって出勤に4時間もかかったよぉぉ
ヒッチハイク2回もしちゃったしぃ(^_^)v

ミッキーマウスの憂鬱

ミッキーマウスの憂鬱

  • 作者: 松岡 圭祐
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/03/23
  • メディア: 単行本


nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

「秘密」 and 「分身」 [books]

もう8月
早いっすよセンパ~イ

またまた東野様の本を読んじゃいました
こうなったら読みつくそう・・・

秘密

秘密

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2001/05
  • メディア: 文庫


秘密・・・この言葉だけでなんだかドキリとするよね
みんなはどんな秘密をもってるんだろう・・・

スキーバスの転落事故で母は亡くなり、娘が奇跡的に助かるという最初から衝撃的な始まり。
でも、奥さんと娘が入れ替わってしまっているの。
だから実際には娘の体なんだけど奥さんが助かったってこと。
びみょーですねぇ。
夜のこととかどうするんだろぅとか・・・^_^;
まぁいろいろありまして・・・
何が秘密って最後の3行くらいでわかった
きぃ~

分身

分身

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 文庫


人のクローンってやっぱりどこかで研究は成功してるのかな・・・
そんな、恐怖を感じる本でした
クローンの二人が会う場面は感動的
ラベンダー畑の中っていうのがたまらないわ~


nice!(1)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

生きながら火に焼かれて [books]

生きながら火に焼かれて

生きながら火に焼かれて

  • 作者: スアド
  • 出版社/メーカー: ソニーマガジンズ
  • 発売日: 2004/04
  • メディア: 単行本


legsに借りました。
同じ地球上に、恋をしたために殺されていく女性たちがいる。
しかも、家族の手によって、火あぶりで・・・。
この国では男の人と目も合わせてはいけない、
結婚相手も結婚式まで知らない、
男の人の言うことは絶対、、、
はっきりいってこの本を読んでる途中落ちました・・・
でも、実際にある話。
目をそらしてはいけないと思いました。
わたしにも何かできることはないかな。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。